メニュー

透析中止の問題で、考えさせられた事。

[2019.03.12]
公立福生病院の透析中止の問題。とても話題となっており、皆様も考えさせられる事も多いかと思います。
 
僕もその一人です。
 
ある利用者様に本日の午前中に言われた事がありました。構音障害もありますが1つ1つゆっくりと話してくれました。
僕は半年前に脳の病気を診断されて医師から3年程で動けなくなる可能性も高いと言われた。今まで70年生きてきて、少しも後悔のない生き方をしてきたかと言われたら胸を張ってそうとはいえないが、間違えなく言えることは『過去には時間はなく、今には時間がある』という事です。だから、過去の生き方を振り返ってる時間はあまり意味がなくて今の時間を大切に今を楽しむ事をしている。時間があるのは、今とこれからだけなんです。」
 
今の現状をどう感じているのか。これからどうしていきたいのか。
しっかり本人や家族と話し合うことの大切さ。
 
そして、その想いを尊重し出来る限り叶えられるよう専門職として働きたいと感じました。
 
冨澤
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME