メニュー

診療報酬改定について

[2018.03.12]

暖かくなってきましたね。それにしても、花粉の威力は凄いですね。参ってます。

 

今年の4月から、介護、医療の診療報酬改定があります。(障害も改定なので、実はトリプル改定)

訪問看護は、大きく4つにまとめてみました。

①中重度者への対応強化・看取りの体制強化

②自立支援・重度化予防を推進、介護の「質」を評価

③業務の効率化・合理化の推進

④報酬の適正化と機能分化

 

細かい改定は割愛しますが、24時間365日で看取りも積極的に行うステーションは評価される形となりそうです。また、「連携」もテーマであり主治医のサマリー提出に加算がついたり、小児であれば学校への報告で加算がつくような新しい算定も出来ました。

 

全体的には訪問看護は評価された印象であり、僕たちの行っていることや目指しているケアが

国の方向性から逸れていないところもうれしかったです。

 

何かご質問あれば、お気軽に連絡下さい。

 

今後とも、より一層頑張っていきたいと思います。

冨澤

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME