メニュー

がんの親をもつ子どもについて

[2022.03.18]

春が近くなってきて、暖かくなってきましたね。

私は、個人的に花粉症が酷くて鼻水と目の痒みと格闘しています。

本日は、「がんの親をもつ子どもについて」の勉強会に参加いたしました。

国立がんセンターの2015年の推計データでは、

18歳未満の子どもをもつがん患者さんは約56000人程いらっしゃるとのことでした。

また子どもの平均年齢は11歳程で、半数以上が0~12歳。

そのような子どもにどのように接していくか?

ポイントは3つのCを念頭において、がんという病気について伝えてみるということでした。

  1. Cancer』:がん(cancer)という病気であること
  2. Catchy』:うつる(catchy)病気ではないこと
  3. Caused』:子供がしたことやしなかったことによって引き起こされたもの(caused)ではないこと

 

誰にも相談できずに、いる対象者の方もいるかと思います。

一歩勇気をだして、ぜひこういったサポートがあるのでアクセスしてみてください。

コアラカフェ

トップ

 

冨澤

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME